You're here: お知らせ > ニュース

更新日:2017年10月06日

GEOTRACES Japan ニュース

お知らせするニュースがありましたら、JODCの担当までお知らせください。連絡先: jodc (a) jodc.go.jp
日本語による情報は日本語のページに、英語の情報は英語のページに紹介させていただきます。

2018年2月15日:GEOTRACESデータセットIDP2017 Ver2 刊行

富山大学 張 勁

GEOTRACES Intermediate Data Product 2017 のVer. 2 がリリースされました。太平洋、大西洋、インド洋、極域を網羅する海水・粒状物質・堆積物・生物・エアロゾル・雨等のデータがパワーアップされております。 詳細はこちらをご覧ください

2018年2月09日:海洋の放射性核種の”cookbook”公開

富山大学 張 勁

SCOR のワーキンググループRiO5(Radioactivity in the Ocean, 5 decades later)は、オンラインの放射化学の ”cookbook”を公開しました。詳細はこちらをご覧ください

2017年9月15日:日本地球科学会でのセッション開催

JODC 馬場典夫

平成29年9月13-15日東京工大で開催されました日本地球化学会第64回年会で、「海洋における微量元素・同位体」のセッションが開催されました。

2017年9月05日:GEOTRACES CookBook Ver 3.0刊行

JODC 馬場典夫

GEOTRACSE観測航海における試料採取及び取扱いの手続きをまとめたCookBook Ver3.0 (PDF, 5.7MB)がリリースされました。 新規バージョンではエアロゾル及びBioGEOTRACESの章が追加されています。

2017年8月24日:GEOTRACESデータセットIDP2017刊行

富山大学 張 勁

パリで開催されたGoldschmidt2017 で、GEOTRACESのデータ公表第2弾のIDP2017がリリースされました。詳細はこちらをご覧ください。

2014年4月28日:GEOTRACES研究推進委員会関連資料掲載

JODC 勢田明大

2013年のGEOTRACES研究推進委員会における日本の発表資料および同委員会の結果報告を掲載しました。

2011年7月15日:白鳳丸が2011年7月16日北西太平洋での観測に向け出航

JODC 勢田明大

白鳳丸が北西太平洋に向けて、2011年7月16日に東京を出港します。東経165°での定線観測を経て、2011年8月4日に東京に帰港する予定です。

2011年3月31日:日本海洋学会春季大会GEOTRACESシンポジウムの中止と講演予稿集公開

大気海洋研 蒲生俊敬

2011年東北地方太平洋沖地震の影響により、3月22日に東京大学大気海洋研究所(柏市)において予定されていたシンポジウム「海洋の微量元素・同位体研究:始動した国際GEOTRACES計画」は中止されました。 当日配布を予定していた講演予稿集を公開します。

2010年12月10日:Cruise Protocolが公開

JODC 勢田明大

GEOTRACES標準試料・相互検定委員会により、Sampling and Sample-handling Protocols for GEOTRACES Cruisesが決定されました。 IPOのサイトからダウンロードできます。

2010年9月24日:GEOTRACES IPOが承認

JODC 勢田明大

GEOTRACES国際プロジェクト事務局が2010年9月22日から24日に開催されたGEOTRACES SSCにおいて承認されました。IPOのWebサイトはこちら

2010年1月21日:Surface Ocean Lower - Atmosphere Processesの刊行

JODC 馬場典夫

Surface Ocean-Lower atmosphere Study (SOLAS)のサマースクールの成果を取りまとめたテキストが、AGUから刊行されました。詳細は、AGUのウェッブページをご覧下さい。
(出典:SOLAS e-bulletin 53)

2010年1月6日:月刊海洋,2010年1月号,通巻471号が刊行

JODC 馬場典夫

「微量元素海洋学」事始−GEOTRACES計画−とのタイトルで、月刊海洋2010年1月号,通巻471号が刊行されました。この号では、GEOTRACESに係る最近の話題13編が記載されています。