You're here: 資料・文献 > 学術論文

更新日:2010年2月5日

GEOTRACES Japan 関連資料・文献

学術論文

GEOTRACES Japan の調査研究活動に関連する学術論文を紹介します。関係する学術論文がありましたら、JODCの担当までお知らせ下さい。連絡先: jodc (a) jodc.go.jp.

Lang. Author Year Title Publication Vol, Page
Jpn蒲生俊敬2010GEOTRACES計画の現状と展望, −微量元素海洋学の展開に向けて−月刊海洋2010年1月号, 3-7
Jpn宗林由樹 他2010生物活性微量金属の多元素分析と国際相互較正月刊海洋2010年1月号, 8-13
Jpn西岡 純・武田重信2010鉄の海洋内循環におけるコロイド態画分の重要性月刊海洋2010年1月号, 14-19
Jpn中口 譲 他2010海洋のセレン−新たなスペシエーション−月刊海洋2010年1月号, 20-26
Jpn一色健司2010中北部太平洋における全クロムの南北縦断分布について月刊海洋2010年1月号, 27-30
Jpn岡 顕・小畑 元2010海洋大循環モデルによる希土類元素鉛直濃度分布の再現月刊海洋2010年1月号, 31-38
Jpn田副博文2010放射壊変起源同位体を用いた物質循環の解明月刊海洋2010年1月号, 39-43
Jpn加藤義久・中村智己2010中央太平洋における溶存バリウムの南北縦断分布月刊海洋2010年1月号, 44-50
Jpn熊本雄一郎2010生物地球化学から見た日本海底層水の時空間変動月刊海洋2010年1月号, 51-57
Jpn鈴木崇史2010化学トレーサーとしてのヨウ素129の可能性月刊海洋2010年1月号, 58-62
Jpn山下信義・谷保佐知2010ペルフルオロスルフォン酸(PFOS)関連物質の地球規模海洋循環メカニズム月刊海洋2010年1月号, 63-69
Jpn吉川久幸 他2010炭素循環−南極海の役割−月刊海洋2010年1月号, 70-73
Jpn馬場典夫・張 頸2010国際GEOTRACESへの日本の貢献とデータ管理月刊海洋2010年1月号, 74-79
EngH. Obata et al.2008Iron, Manganese and Aluminum in Upper Waters of the Western South Pacific Ocean and Its Adjacent SeasJournal of OceanographyVol.64, No.2, 233-245
EngM. L. Firdaus et al.2008Dissolved and Labile Particulate Zr, Hf, Nb, Ta, Mo and W in the Western North Pacific OceanJournal of OceanographyVol.64, No.2, 247-257
EngY. Zhang et al.2008Silver in Tokyo Bay Estuarine Waters and Japanese RiversJournal of OceanographyVol.64, No.2, 259-265
EngG.-H. Hong et al.2008Sinking Fluxes of Particulate U-Th Radionuclides in the East Sea (Sea of Japan)Journal of OceanographyVol.64, No.2, 267-276
EngG.-H. Hong et al.2008Distribution of 210Po and Export of Organic Carbon from the Euphotic Zone in the Southwestern East Sea (Sea of Japan)Journal of OceanographyVol.64, No.2, 277-292
EngN. Tanaka et al.2008Helium Isotopes of Seawater in the Japan SeaJournal of OceanographyVol.64, No.2, 293-301
EngT. Yang et al.2008Dissolved Inorganic Carbon (DIC) and Its Carbon Isotopic Composition in Sediment Pore Waters from the Shenhu Area, Northern South China SeaJournal of OceanographyVol.64, No.2, 303-310
EngX.-C. Wang et al.2008Contrasting Chemical and Isotopic Compositions of Organic Matter in Changjiang (Yangtze River) Estuarine and East China Sea Shelf SedimentsJournal of OceanographyVol.64, No.2, 311-321
EngT.-R. Peng et al.2008Assessment of Terrestrial Factors Controlling the Submarine Groundwater Discharge in Water Shortage and Highly Deformed Island of Taiwan, Western Pacific OceanJournal of OceanographyVol.64, No.2, 323-337
EngZ.-L. Wang and C.-Q. Liu2008Geochemistry of Rare Earth Elements in the Dissolved, Acid-Soluble and Residual Phases in Surface Waters of the Changjiang EstuaryJournal of OceanographyVol.64, No.3, 407-416
EngW. Chen et al.2008234Th /238U Disequilibrium and Particulate Organic Carbon Export in the Northern South China SeaJournal of OceanographyVol.64, No.3, 417-428
EngY. Kumamoto et al.2008Temporal and Spatial Variations of Radiocarbon in Japan Sea Bottom WaterJournal of OceanographyVol.64, No.3, 429-441
EngJ. Ma et al.2008A Modified Analytical Method for the Shipboard Determination of Nanomolar Concentrations of Orthophosphate in SeawaterJournal of OceanographyVol.64, No.3, 443-449
EngN. Nakayama et al.2008O2 Consumption Rate and Its Isotopic Fractionation Factor in the Deep Water of the Philippine SeaJournal of OceanographyVol.64, No.3, 451-457
EngS.-Y. Jiang et al.2008Geochemistry of Pore Waters from the Xisha Trough, Northern South China Sea and Their Implications for Gas HydratesJournal of OceanographyVol.64, No.3, 459-470
EngT. Doi et al.2008In-situ Survey of Nanomolar Manganese in Seawater Using an Autonomous Underwater Vehicle around a Volcanic Crater at Teishi Knoll, Sagami Bay, JapanJournal of OceanographyVol.64, No.3, 471-477
Jpn蒲生 俊敬2006GEOTRACES計画遂行に向けて−総論−月刊海洋2006年5月号, 309-315
Jpn則末和宏・宗林由樹2006海水中生物活性微量金属元素群の分布における海盆間分別月刊海洋2006年5月号, 316-324
Jpn川幡 穂高2006海洋からの微量成分の除去と気候変動月刊海洋2006年5月号, 325-328
Jpn天川 裕史 他2006海水中のスカンジウム(Sc)の高感度,高精度分析の開発−海洋におけるScの分布の解明を目指して−月刊海洋2006年5月号, 329-334
Jpn永井 尚生2006化学トレーサーとしての放射性同位体月刊海洋2006年5月号, 335-339
Jpn加藤 義久2006古海洋研究と微量元素・同位体月刊海洋2006年5月号, 340-347
Jpn下島 公紀2006熱水プルーム拡散に伴う微量元素の除去過程月刊海洋2006年5月号, 348-353
Jpn斎藤 宏明2006海洋生物地球化学生態系統合研究(IMBER)の背景と展望月刊海洋2006年5月号, 354-357
Jpn田尾 博明2006海洋におけるスズのスペシエーションと分布月刊海洋2006年5月号, 358-363
Jpn林 徹・長沼 毅2006微量元素が関与する地球環境変動ガス生成・消費系の生化学プロセス月刊海洋2006年5月号, 364-369
Jpn高畑 直人 他2006へリウム同位体をトレーサーとした深層循環の研究月刊海洋2006年5月号, 370-375
Jpn乗木 新一郎2006海洋環境変化と化学物質の移動フラックス月刊海洋2006年5月号, 376-381
Jpn中口 譲 他2006海水−堆積物境界面におけるフラックス研究のための深海モニタリングランダーの開発月刊海洋2006年5月号, 382-387
Jpn羽角 博康2006微量元素・同位体の海洋循環モデル開発と生物地球化学過程解明月刊海洋2006年5月号, 388-393
Jpn蒲生 俊敬2005総論:GEOTRACES−海洋の微量元素・同位体研究の最新動向と将来展望−月刊海洋号外39号, 5-18
Jpn永井 尚生 他2005東部太平洋におけるBe同位体の分布月刊海洋号外39号, 20-27
Jpn大久 保綾子2005海水中の230Thの鉛直分布月刊海洋号外39号, 28-34
Jpn山田 正俊・鄭 建2005海洋におけるプルトニウムの動態−240Pu / 239Pu同位体比によるアプローチ−月刊海洋号外39号, 35-44
Jpn佐野 有司 他2005日本近海のへリウム同位体比月刊海洋号外39号, 45-52
Jpn宗林 由樹 他2005北太平洋における生物活性微量金属の分布月刊海洋号外39号, 54-60
Jpn丸尾 雅啓2005海水における銅スペシエーションおよび配位子の解明月刊海洋号外39号, 61-68
Jpn一色 健司2005外洋域におけるクロムの分布および特徴的な海域での分布異常について月刊海洋号外39号, 69-78
Jpn宗林 留美2005微量金属元素と海洋微生物群集の有機物分解活性の関係月刊海洋号外39号, 79-87
Jpn小畑 元 他2005海水中の白金に関する分析化学的アプローチ月刊海洋号外39号, 88-94
Jpn北畑 謙一 他2005東部太平洋堆積物中の微量元素の存在状態と酸化還元環境との関係月刊海洋号外39号, 96-103
Jpn南 秀樹 他2005海洋における懸濁粒子の化学組成と間隙水を経由する物質の拡散フラックス月刊海洋号外39号, 104-113
Jpn林 徹・長沼 毅2005東部南太平洋の酸素極小層における脱窒関連酵素遺伝子の分布と多様性月刊海洋号外39号, 116-125
Jpn加藤 義久 他2005海洋におけるBa-Si / Nダイヤグラムの開発月刊海洋号外39号, 126-136
Jpn本郷 やよい2005最近の海洋地球化学における希土類元素トレーサーの応用月刊海洋号外39号, 138-150
Jpn天川 裕史2005北西太平洋におけるNd同位体比の鉛直分布月刊海洋号外39号, 151-160
Jpn田副 博文 他2005西部北太平洋の表層における希土類元素同位体比の分布とその特徴月刊海洋号外39号, 161-169
Jpn蒲生 俊敬・Chris German2005海底熱水活動とGEOTRACESとの深い関係月刊海洋号外39号, 172-177
Jpn西谷 啓伸・張 勤2005植物プランクトン分布とその変化からみた海洋環境の変動−ベーリング海南東部陸棚域におけるemiliania huxleyi ブルームの発生要因を例として−月刊海洋号外39号, 178-185
Jpn張 勤2005沿岸海底湧水の地球化学とその海洋学的意義月刊海洋号外39号, 186-197