日本海洋データセンタートップ > 新着情報一覧

新着情報一覧

2007/11/26
J-DOSSから提供中の各層観測・CTD・BT等データのうち、 1998年〜2004年の間に気象庁が観測したXCTDデータにおいて、測器コードを誤って掲載していたことが判明しました。 JODCではCTDの測器コード(SC)が付いていたデータを、XCTDの測器コード(SX)に修正し、再掲載しました。
2007/11/08
各層観測・CTD・BT等データに、以下のデータを追加しました。

  • 気象庁 2005年 各層観測、XBT、BDT、CTDデータ
  • 北海道大学 1995年〜2001年 CTD、XCTDデータ
  • 海洋研究開発機構「みらい」 2002年〜2003年 CTDデータ
2007/10/26
MGD77(水深・重力・地磁気)に、データを追加しました。

  • 海上保安庁 2001年までに調査した3クルーズ
2007/10/10
日本語の記事はありません。
2007/07/25
ライブラリに、RNODC Activity Report No.18を掲載しました。
2007/06/15
MGD77(水深・重力・地磁気)に、データを追加しました。

  • 海上保安庁 2001年までに調査した3クルーズ
2007/06/05
沿岸海上気象に、データを追加しました。

  • 海上保安庁 2006年 船舶気象通報
  • 新規地点:波ヶ埼灯台、友ヶ島灯台、日振島灯台、大野灯台、四季埼岬灯台、射手崎灯台
2007/05/31
ライブラリに、JODCニュース No.73を掲載しました。
2007/04/16
各層観測・CTD・BT等データに、以下のデータを追加しました。

  • 気象庁 2003年〜2004年 XBT、CTD、XCTDデータ
  • 東北大学「宮城丸」 2005年〜2006年 XBT、XCTDデータ
2007/04/13
潮汐データに、毎時潮高データ(気象庁)を追加しました。

  • 気象庁所管の験潮所 2005年1月〜12月
  • 新規地点:熊野、御坊、阿波由岐
2007/03/26
定地水温に、データを追加しました。

  • 全国各地 2004年観測分
  • 新規地点:米ノ(福井県) 2002年〜2004年
2007/02/09
潮汐データに、毎時潮高データ(海上保安庁)を追加しました。

  • 海上保安庁所管の験潮所(昭和基地を除く)29地点 2006年
2007/02/07
沿岸海上気象に、データを追加しました。

  • 海上保安庁 2005年 船舶気象通報
  • 新規地点:金田ノ岬灯台、四日市港防波堤灯台、桃頭島灯台、神戸船舶通航信号所、大多府島灯台、三池港北防砂堤灯台

2006/11/27
MGD77(水深・重力・地磁気)に、データを追加しました。

  • 海上保安庁 2001年までに調査した14クルーズ
2006/10/18
2006年12月に、西太平洋域における海洋データ及び情報ネットワークプロジェクト(ODIN-WESTPAC)設立のための準備会合が開催されます。詳細はPrep-ODINWESTPACページを御覧下さい。
2006/10/17
2006年12月に、西太平洋域における海洋観測データ発掘・救済プロジェクト(GODAR-WESTPAC)第3回国際ワークショップが開催されます。詳細は3rd International Workshop for GODAR-WESTPACページを御覧下さい。
2006/10/04
潮汐データに、毎時潮高データ(国土交通省港湾局関係機関)を追加しました。

  • 東北地方整備局青森港湾事務局 青森港 1997年1月〜2000年12月
  • 東北地方整備局八戸港湾・空港整備事務所 むつ小川原港 2004年6月〜2005年12月
  • 東北地方整備局塩釜港湾・空港整備事務所 仙台港 2001年1月〜2005年12月 (新規)
  • 関東地方整備局鹿島港湾・空港整備事務所 鹿島港 2006年3月〜8月
  • 北陸地方整備局金沢港湾・空港整備事務所 金沢港、七尾港 2004年3月〜2005年12月
2006/09/20
MGD77(水深・重力・地磁気)に、データを追加しました。

  • 海上保安庁 2002年までに調査した14クルーズ
2006/07/10
NEAR-GOOS遅延モードデータベース(RDMDB)に、新たなデータ項目を追加しました。

  • cobesst (JMA):北緯90度〜南緯90度の間の1度メッシュ月平均水温データ
  • cobesstnorm (JMA):cobesstの年平均と標準偏差
2006/07/10
J-DOSSから提供中のMGD77のデータに、以下の2つのタイプのエラーが見つかりました。 JODCでは今回見つかったエラーデータを全て修正し、MGD77のデータを更新しました。

  1. 1986年〜1996年に、海上保安庁所属の測量船「明洋」および「拓洋」により観測されたデータ(測量IDが”HM9”および”HT8”で始まるファイル)において、地磁気データが1カラムずれて入力されていた。
  2. 1985年〜1992年に、日本南極地域観測隊(JARE)により観測されたデータ(測量IDが”JARE”で始まるファイル)において、水深値が音波の往復時間のカラムに入力されていた。

下記の表に該当するデータを使用されている方は、J-DOSSから再度ダウンロードを行って頂き、更新をお願い致します。 HM910111 HM910308 HM910503 HM910614
HM910827 HM920117 HM920306 HM920820
HM920831 HM921128 HM930123 HM930225
HM930414 HM930517 HM930718 HM930823
HM940115 HM940222 HM940416 HM940528
HM941109 HM950418 HM951028 HM960112
HM960720 HM961002 HM961204 HT860927
HT890819 HT891016 JARE27L1 JARE27L5
JARE28L1 JARE28L3 JARE29L1 JARE30G1
JARE32L1 JARE32L7 JARE33L1 JARE33L4