JODC統合水深データセット (J-BIRD)


 J-BIRD(JODC統合水深データセット : JODC Bathymetry Integrated Random Dataset)は、測量原図、沿岸の海の基本図、海図等からデジタル化した水深点、底質点、海岸線、低潮線、等深線、雑線(工事区域、養殖棚等)データ及び堆積層厚点データをJODC独自のフォーマットで編集したものです。
 各データは1カラム目に記載されているマークによって識別することができます。
 シート別にファイルされており、現在の状況は以下のとおりです。

J-BIRDファイル数は、520ファイルです。

データ項目 データ量
1.水深点 (マークD) 2,102,002
2.底質点 (マークE) 310,920
3.海岸線 (マークL) 2,091,408 レコード
4.低潮線 (マークM) 47,977
5.等深線 (マークN) 51,184
6.雑線 (マークW) 9,235
7.堆積層厚点 (マークI) 1,378

データ源 : 1-6 --- 海上保安庁
7 --- 東京大学海洋研究所ほか
海域 : 1-6 --- 北緯0度〜48度、東経100度〜180度
7 --- 日本海
期間 : 1-6 --- 1911年〜2000年測量
7 --- 1971年、1978年、1986年

[File Format] データファイルのフォーマット(1999年12月改訂)


[Home]
ご質問やご意見がございましたら、下記のアドレスへご連絡下さい。
jodc@jodc.go.jp
更新日 : 平成18年11月27日